葬儀の手続き

ご家族がお亡くなりになった際、「死亡届」「火葬許可書」「埋葬許可書」などの書類が必要になります。事前にどのようなものが必要なのか知っておけば、スムーズに葬儀の準備を行えます。各種手続きはひかりの杜で代行致しますので、ご相談ください。

死亡届
人が死亡した場合、戸籍法に基づいて死亡届を提出する義務があります。
ご家族の死亡が確認されたると7日以内(国外で死亡したときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)に届出なければなりません。
原則として親族か親族以外の同居者が届人となりますが、届人の印鑑があれば葬儀社が代行することが可能です。

火葬許可書
死亡届を提出した際に発行されます。
火葬の際にはこの火葬許可書を提示しなければなりません。
火葬の日時・場所が決まっていない場合は発行さませんので、ご注意下さい。

埋葬許可書
火葬後、火葬場で火葬許可書に日時と仮想済みであるとの証印をもらい、自動的に埋葬許可書となります。
埋葬許可書は寺墓地や霊園に遺骨を納める際に提出する書類ですので、紛失などされないようご注意下さい。
一般的に、火葬場から遺骨とともに渡されます。

▲このページのトップに戻る