1.通夜・儀式の形式の決定

規模に関しては故人様の社会的地位や交際範囲などから予想される会葬者の数、および喪家の経済条件などを考慮致します。
形式は第一に故人様の遺志を尊重し、故人様の宗派や希望(音楽葬や山岳葬などの特別な形式を望む場合)に則って行いたいものです。
ただし、生前に故人様が葬儀に関して特に意思表示をしておられなかった場合には喪主の意向に沿って行うと良いでしょう。

▲このページのトップに戻る