5.弔電・弔辞

弔電を紹介する順番は故人様の身分や社会的地位などに配慮して決定します。
一般的には仕事関係者、地域関係者、親族の順になることが多いです。
弔電が多くて紹介しきれないときはその旨を会葬者に断ったうえで、残りを霊前に供えます。

▲このページのトップに戻る