2.葬儀・告別式

葬儀の一般的な流れは参列者着席→開式の辞→読経→弔辞・弔電の披露→僧侶・遺族の焼香→閉式の辞となります。
葬儀と告別式を分けて行う場合は、葬儀終了後改めて告別式の開式を告げ、読経と会葬者の焼香を行います。
近年では葬儀と告別式は分けず、遺族の焼香に続いて一般会葬者の焼香が行われることが多いです。

葬儀と告別式の違い
本来、葬儀と告別式は別々の意味を持っていました。
葬儀はご家族や近親者が故人様をあの世へ送り成仏させる儀式です。
告別式は故人様と親交のあった方々が故人様へ最後のお別れを告げる式でした。
近年では分けて執り行われる事が少なってきています。

▲このページのトップに戻る