鶴見区のご紹介

 鶴見区は横浜市内北東部に位置し、人口28万人(13万世帯)が居住する東京湾に接した街です。昭和2年に横浜市に編入され鶴見区が誕生しました。北西部の豊な緑を保つ丘陵地帯(宅地)、一級河川鶴見川流域の低地(商業地)、歴史ある旧東海道、日本近代化の礎となった京浜工業地帯の中心となる湾岸埋立地帯(工業地)を持つユニークな街でもあります。現在は湾岸工場地帯も煙を出さない近代工場へと変化し、交通の便の良さから東京・横浜中心部に勤務する方々のベットタウンとしても発展を続けており、明治44年には能登より移転した曹洞宗大本山総持寺が建立され、門前町としての顔も持っております。そして市場町は箱根駅伝における最初と最後の中継地となります。

 交通機関としては明治5年開通の新橋横浜間鉄道(現在のJR京浜東北線)、明治31年開通の大師電気鉄道(現在の京浜急行)、大正15年開通の鶴見臨港鉄道(現在のJR鶴見線)があります。道路は大正15年開通の京浜第一国道(国道15号線)、京浜第二国道(吉田ワンマン道路、国道1号線)、首都高速横羽線、首都高速湾岸線などが通っており、大変交通の便の良い街でもあります。

 鶴見区は永らく東海道に隣接する小さな漁村でした。それが明治5年の新橋横浜間鉄道の開通に伴い、鶴見駅が開業し、商業地、居住地としての発展が始まります。さらには総持寺の移転により門前町としての要素も加わりました。更なる発展の前提となったのが大正・昭和初期に於ける日本工業界の軽工業から重工業重視への変化です。明治45年、浅野総一郎を中心として鶴見埋立組合(後の東亜港湾工業)が創立され、鶴見湾岸地域150万坪の埋め立て工事が開始されます。この埋立地に多くの主要重工業の工場が建設され、京浜工業地帯の中心拠点として日本国発展の礎となりました。

 

 鶴見区の見どころと致しましては自然を楽しむのであれば桜の名所である県立三ツ池公園、大きな境内を持つ曹洞宗大本山総持寺、東京湾を一望する鶴見つばさ橋があります。歴史を感じたいのであれば、旧東海道食べ歩きや鶴見神社田祭り、生麦魚河岸通りを訪れると良いでしょう。また、少々変わったところでは大正年間よりビールを醸造してきたキリン横浜ビアビレッジ、釣りが楽しめる大黒海釣り公園、年間を通してスノーボードが楽しめるスノーヴァ新横浜等があります。

▲このページのトップに戻る