西区のご紹介

 西区は横浜市内の東側中央部に位置する人口10万人(5万世帯)が居住する街です。金港と美称される国際貿易港の横浜港に隣接しています。西区は昭和19年に中区より分区して誕生しました。西区は人口も面積も横浜市内で最小規模の区ですが、開港以来の下町情緒を持つ既成市街地地域と横浜駅周辺地区とみなとみらい21地区を持つ市内の商業と業務の中心ともなる街であります。

 西区内の交通機関としましては明治5年に新橋横浜間鉄道が開業し、横浜駅は現在の桜木町駅の場所に開業致しました。その後、東海道線の開通に伴い大正4年に高島町に移設され、さらに昭和4年には現在地へと移設されました。その横浜駅にはJR東海道本線、JR横須賀線、JR成田特急、JR京浜東北線、JR横浜線、京浜急行電鉄、東急東横線、相模鉄道、横浜市営地下鉄が通り、横浜市民に大切な足を提供しています。また道路としては国道1号線、国道16号線、首都高速道路横羽線が通り、横浜新道、第三京浜道路の出入り口も接しています。

 西区は中区と同じく、東海道神奈川宿の対岸に位置する横浜村と呼ばれる半農半漁の寒村でしたが、江戸幕府の開港政策により大きく発展します。開港に伴い岡野新田や平沼新田などの開発が進み、新橋横浜間鉄道の開通後には横浜港に隣接する埋め立て地に多くの工場が建設されました。特に桜木町駅近くには大きな鉄道操車場が建設され、巨大な造船場もいくつか建設されました。西区地域は横浜村、横浜市、横浜市中区、横浜市西区と名称を変わり、西区の誕生は終戦前年の昭和19年です。西区の名称は中区の西に位置することから命名されました。西区は誕生翌年の昭和20年5月29日の横浜大空襲により主要地域は焼失し焼野原となります。そして敗戦とともに進駐してきた米軍により多くの地域が接収され、その状態が昭和30年まで続きました。西区が戦後復興を開始出来たのは昭和30年以降となります。昭和26年には野毛山動物園が開園して市民の憩いの場となりました。横浜駅周辺地区は商業・業務の中心に、旧造船場地域は再開発されてみなとみらい21地区となり、平成5年に完成したランドマークタワーを中心としたオフィス、ホテル、高級店舗、国際会議・展示場が立ち並ぶ街として発展を続けています。

 

 西区の見どころとしてはみなとみらい21地区が有名ですが、桜並木で有名な紅葉坂とそこに立ち並ぶ神奈川県立音楽堂、神奈川県立図書館、横浜能楽堂なども落ち着いた街並みとして人気があります。お子様には野毛山動物園が好評です。

▲このページのトップに戻る