中区のご紹介

 中区は横浜市内の東側中央部に位置し、人口15万人(8万世帯)が居住する金港の美称を持つ国際貿易港の横浜港に接した街です。明治22年の市制施行により横浜市となり、昭和2年の区政施行により鶴見区・神奈川区・磯子区・保土ヶ谷区と共に中区が誕生しました。中区には横浜市庁舎、神奈川県庁舎、神奈川県警察本部、横浜地方裁判所、横浜税関、海上保安庁第三管区海上保安本部、日本銀行横浜支店等が所在し、神奈川県と横浜市の行政、司法、金融の中心になっています。

 中区内の交通機関としましては明治5年に開通した新橋横浜間鉄道の起点として桜木町駅が開業し、その後大船駅まで延長されたJR京浜東北線。昭和7年に高島町−桜木町間が開通、現在は中華街まで延長された東急東横線。日ノ出町駅を持つ京浜急行電鉄、平成16年開通の横浜市営地下鉄みなとみらい線が敷設されています。また道路としましては首都高速横羽線、首都高速湾岸線、首都高速3号線により市内・市外の各地と連結しております。

 東海道神奈川宿の対岸に位置する横浜村は半農半漁の寒村でしたが、1858年の日米修好通商条約締結と共に大きく変化することとなります。条約締結により江戸幕府は神奈川、長崎、兵庫、新潟、函館の開港に同意しますが、東海道神奈川宿での開港を嫌った幕府は対岸の横浜村を港として開発することにしました。その横浜村が中区の前身でもあります。横浜港の建設に伴い、明治2年には日本初めての鉄橋の吉田鉄橋が完成しました。明治27年には横浜鉄さん橋(現在の大さん橋)が完成し、昭和2年にはホテルニュ−グランドが開業します。このホテルは後に昭和20年終戦と共に陸軍厚木飛行場に到着したマッカーサー元帥の宿舎ともなりました。中区は国際都市の名に恥じず、人口の10%、約1万5千人の外国人が居住しています。

 

 中区は見どころが数多いのも特徴です。本牧地区であれば本牧公園、国の名勝に指定されている三溪園。山手地区では港のみえる丘公園、外人墓地、日本最初のテニス・クラブのレディス・ローン・テニス&クロッケ−クラブ(明治11年創立)が利用する横浜山手公園。そして山手の下の元町商店街、運河をはさんで横浜中華街。関内・外地区としてはマリンタワー、人形の家、山下公園、氷川丸、横浜大桟橋、そしてランドマークタワーを中心としたみなとみらい地区などがございます。

▲このページのトップに戻る