南区のご紹介

 南区は横浜市内のほぼ中央部に位置する、人口19万人(9万世帯)が居住する、横浜・川崎・東京に通勤する方々のベッドタウンです。南区は昭和18年に中区より分区して誕生しました。区内、中央には大岡川が流れ、その周りを七つの丘が囲んだ桜の美しい住宅地です。また、横浜市内最古の寺院である瑞應山蓮華院(弘明寺)の門前町であり、昭和49年まで本学が所在した横浜国立大学の学生街でも有りました。そして、南区は横浜市18区のなかで最も人口密度の高い区でもあります。

 南区内の交通機関と致しましては昭和5年開通の湘南電鉄(現在の京浜急行)、そして昭和47年開通の横浜市営地下鉄の2線が区民の足となっております。道路と致しましては高速道路として首都高速道路狩場線、自動車専用道路として横浜横須賀道路、一般道としては横浜市内環状1号線、横浜鎌倉道が通っております。

 区内では弘明寺遺跡、殿ヶ谷遺跡などが発掘されており、古くから大岡川を中心に農村が散在していたと考えられます。この大岡川は暴れ川でもあり、大雨が降ると洪水を起こす川でもありました。江戸時代初期、江戸の材木商の吉田勘兵衛は幕府の許可を得て、大岡川河口流域を吉田新田として開墾・治水します。この吉田新田が南区、中区発展の源と成りました。そして明治22年の横浜市制制定後、南区地域の村々は横浜市に編入されていき、昭和2年の区制と共に中区となります。さらに昭和18年、中区の南に所在することから南区と命名され分区しました。第二次世界大戦後は南区内の多くの土地が米軍に接収され、返還される昭和30年までは大きな変化はありませんでした。その中での僅かな変化が昭和24年の横浜国立大学創立です。学生街として賑いが出始めました。昭和30年以降は横浜市内や東京に勤務する人々の居住区として、農地が宅地へと転換されて行きます。以後、南区の人口は増え続け、昭和44年には南部を港南区として分区して現在の南区となりました。

 

 南区の見所としましては区花の桜並木が美しい大岡川プロムナード。蒔田公園や清水ヶ丘教会、他にも区内には花見を楽しめるスポットが複数あります。奈良時代に開設されたとされる市内最古の寺院である弘明寺、吉田新田鎮守の日枝神社(1673年創建)なども一見の価値がございます。

▲このページのトップに戻る