港南区のご紹介

 港南区は横浜市内の中央南部に位置し、人口22万人(9万世帯)が居住する緑豊かな丘陵地が連なる住宅都市です。港南区は昭和44年、南区の人口増加に伴い分区して誕生しました。港南区の地名は区内の中心となる港南を基に命名されました。

 港南区の交通機関としましては昭和5年に黄金町〜浦賀間が開通した湘南電気鉄道(現在の京浜急行電鉄)、昭和47年に開通した横浜市営地下鉄ブルーライン、昭和48年に開通したJR根岸線があり、いずれも区民の足となっています。道路としましては昭和54年開通の横浜横須賀道路(国道16号バイパス道路)、横浜市内環状2号、3号が区民の方々へ便を供しております。

 港南区は鎌倉街道沿いの農村が散在する地域であり、港南の地域の南北に武蔵国久良岐郡と相模国鎌倉郡の国境が走っておりました。明治に入り、それぞれ神奈川県久良岐郡、鎌倉郡となり、横浜市の市域拡張により横浜市に編入されて中区となります。昭和18年には中区から分区され南区となり、そして昭和44年分区して現在の港南区となりました。港南地区は1859年の横浜開港と共に大きく変化して行きます、それまでの米麦雑穀を中心とした作付けから市街地向けの野菜や養蚕へ、更にはジャガイモやパイスケザル(竹で編んだ大きなザル、土砂や石炭の運搬に使用)などが生産されます。また、新しい産業として花の栽培が始まり、一面のお花畑にキク、ユリ、シャクヤク、スイセン、キンセンカ等が栽培され、カーネーション、バラの温室栽培も始まりました。昭和8年には上大岡に港南花市場も開設されます。大正12年に発生した関東大震災は港南地区の建物を壊滅させましたが、その復興期には新たな産業も生まれました。上大岡の製陶業や大岡川流域の捺染業などです。特に捺染業では絹の“横浜スカーフ”等が有名でした。昭和11年には横浜刑務所が根岸から現在地に移転して来ます。戦後は交通路の発達に伴い、野庭団地(昭和38年)、港南台団地(昭和41年)が完成し、人口が急増して田薗都市から現在の住宅都市へと移り変わります。

 

 港南区の見所としましては自然を楽しむ施設として四季の花と緑が楽しめる港南桜道、ホタルも楽しめる港南萩久保公園、名所・古跡として茶釜伝説のある東樹院、1099年創建の春日神社、縁日には屋台の店が楽しめる日限地蔵尊、港南のこだわりとして捺染技術が見られる吉原産業捺染工場、フリーマーケットが楽しめる港南台テント村等がございます。

▲このページのトップに戻る