戸塚区のご紹介

 戸塚区は横浜市内の南西部に位置し、南は鎌倉市や藤沢市と接しています。人口27万人(11万世帯)が居住する街です。東京や横浜に通勤する方々のベッドタウンでもあります。昭和14年、鎌倉郡戸塚町他7村が横浜市に編入され戸塚区が誕生しました。戸塚の地名は戸塚町の冨塚八幡宮の縁起によれば、平安時代後期に戸塚修六郎とその子孫がこの地を開拓したことによるとされます。また、戸塚区は横浜市内で最大の面積を持つ区でもあります。

 戸塚区内の交通機関としては明治20年に開通した東海道本線、明治22年に開通した横須賀線、そして昭和60年開通の横浜市営地下鉄ブルーラインが区民の足となっております。以前には大船駅と横浜ドリームランドを結ぶモノレールが運航しておりましたが、現在は廃線と成りました。道路としましては横浜新道を含む国道1号線、横浜市内環状2号線、3号線、4号線が区民の方々に便を供しています。

 戸塚区は鎌倉時代に鎌倉への出入り口として、1604年の東海道戸塚宿制定以後は江戸から5番目の宿で、朝に江戸を出発した人が最初に宿泊するところでもありました。また、大山参りや鎌倉への追分としても発展しました。1856年には柏尾川の堰堤に桜の木が植樹され、名所となります。明治に入ると宿駅制は廃止されますが、明治20年の戸塚駅開業と共に東京・横浜への野菜出荷地となります。その後、大手企業の工場が進出してきますが、それよりも横浜・東京勤務の方々への宅地供給が上まわり、戦後は人口が大きく増大していきます。人口増加に伴い、昭和44年には瀬谷区が分区し、昭和61年には栄区と泉区が分区して現在の戸塚区になりました。なお、現在の戸塚区内の大学施設としては明治学院大学横浜校舎、横浜薬科大学、横浜市立大学木原生物研究所、そして2015年4月に開校した湘南医療大学がございます。

 

 戸塚区の見所としましては、何と言っても柏尾川の桜並木とミズキンバイです。他に旧東海道の松並木、まさかりが淵市民の森などの自然や八坂神社、親鸞聖人ゆかりの寺の永勝寺などの神社仏閣、戸塚カントリークラブ、Jリーグの横浜FC練習場等がございます。

▲このページのトップに戻る