返礼品の種類と最近のご葬儀事情

返礼品とは、通夜や告別式に弔問に訪れたかたに、お礼の気持ちとして、礼状とともに渡す品物のことを言います。

返礼品は大きく分けて次の3つに分かれます。
1.通夜返礼品
通夜振る舞いの席に出ないで帰る人に渡す返礼品

2.会葬返礼品
香典の有無に関わらず会葬者すべてに渡す返礼品

3.香典返し
香典をもらった人にお礼として渡す返礼品。

葬儀の当日に渡す即日返しと、忌明け(四十九日)に郵送する忌明け返しとがあります。
もともとは上記の区別がありましたが、最近では、通夜と告別式に同じ返礼品(800円〜1000円)を弔問に訪れた方全員に、会葬礼状とともに渡し、香典を頂いた方には忌明けに返礼品を発送することが多くなってきています。

また、忌明けの返礼の煩雑さや渡し損ねを防ぐために、葬儀の当日に、香典の額に関わらず、 2500円〜3000円の品物を返す即日返しも増えてきています。
改めて三十五日あるいは四十九日の忌明けを待って、返礼する忌明け返しの場合は、半返し(香典の額の半分、二分返しともいう)、三分返し(三分の一の金額の商品を返す)が一般的です。

▲このページのトップに戻る