横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

位牌の疑問?? 港北区

2011年8月23日

ご回覧有難うございます。

以前のブログ記事でもお話しましたが葬儀の後に結構な確立で質問されることがあるんです。

もしかしたらこの記事を回覧していただいている方の中にも同じ疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思いますが、よく位牌の裏側には俗名と年齢が書かれていると思いますがこの年齢が問題なんです。よくご覧になっていただくと年齢の上に享年や行年など書かれていると思います。ここで気になるのは、享年・行年に違いがあるのかという事です。

厳密に言えばこの二つは同義語で仏教語でもありません。また宗派によって違いがあったり選別もしません。仏式においてはどちらも共に普通に使用されます。

使い分けているのはお寺の住職の好みだったり地域の習慣や風習に昔から伝わっているものを使用します。また、一般には満年齢ではなく、数え年で書かれます。意味合いとしては母親のお腹の中で十月十日この世に命を授かった時点から年を重ね生まれる時には一才と解釈する事から数え年で年齢を数えます。

あおい葬祭も葬儀でお世話になったお客様から仏壇に納める位牌(本位牌)の注文を頂くことがありますが、このポイントには十分注意して業務に取り組んでいます。