横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

法事にやるべきこと。 鶴見区

2011年11月27日

ご回覧ありがとうございます。今日は陽気もいい中以前、葬儀でお世話になったお客様の四十九日の法要をおこないました。つまり納骨の儀があったわけです。横浜市の中でも一部の地域を除いては没年月日から四十九日目に納骨する事が一般的です。仏様は7日間を7週かけて極楽迄の道のりを歩まれます。また、四十九日と言うと四と九で不吉な意味を連想させるために埋骨後に先様に葬儀の時に頂いたお香典に対しての御礼であるお香典返しに付る巻紙という挨拶文の中でも七七日法要と書くのが一般的です。これから七七日法要の日程を決める方は年末年始に掛かってしまい先方の方に仏事ごとのお知らせをしなくてはならなくなってしまいますので四十九日前の三十五日に早めて法要するのが良いでしょう。また仏事ごとの先延ばしは昔から良くないとされているために前倒しで行うことが良いでしょう。是非、参考になさってください。