横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

こんなお餅しってますか?

2012年9月8日

ご回覧ありがとうございます。

今日は日ごろお世話になっているお寺のご婦人より仏事についてご質問のお電話を頂きました、内容というのが49日法要を迎える時の習わしについてなんですが。

当日に49個のお餅を用意してそれをお墓へお供えするのです。今ではなかなか49日法要を行うに当たってご用意する方はいらっしゃらないのが現状なんですが、一部の地域では脈々と習慣として残っているそうです。

四十九日餅の始まりとしては故人が仏様になる過程に於いて避けては通れない地獄の世界で打ち込まれる釘が餅に当たり故人に苦痛を与えない為、あるいは法要参列者にそのお餅を食べて頂き故人に打ち込まれた釘が抜けるという説もあるそうです。また地域によっては当日お墓まで運ぶ際に鬼に食べられてしまうことを恐れ1個足した50個のお餅を用意するところもあるそうです。

私も過去に四十九日餅を持参された方もいらっしゃいましたが、こんな意味があったとまでは恥ずかしながら知りませんでした。人生一生勉強とはよく言ったものです。