横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

太古からの日本の葬儀事情

2013年1月29日

 以前の定説では紀元前(BC)8千年頃からBC3百年頃までを縄文文化、それ以降をを弥生文化と呼び 弥生文化とともに水稲が始ったとされていましたが 最近の科学的な年代測定の手法(年輪年代測定法、AMS法)によると弥生時代の始まりはBC千年頃に遡る可能性が出て来ております。

 この弥生文化とともに日本各地に豪族と呼ばれる人たちが出始め この豪族の死去に伴い その力を誇示する為の墳墓はより大きなものへと変化していきます。その構築は民衆の役務によって賄われました。

 3世紀頃までには墓の形態も整い 円墳、方墳、前方後円墳 更には方形と円形を各種組み合わせた古墳文化へと進んでゆきます。

 その後 3世紀から7世紀にかけて 女王卑弥呼 天皇家により権力の淘汰が進み AC645年の大化の改新へと進んでゆきます。

 私どもにとり この大化の改新の中に興味ある令が含まれております。

 薄葬令です。

 これは権力者に対し その葬儀に当たり民衆に過大な負担を与えぬ様

 を命じており 天皇家がすでに権力者をコントロール出来る地位に就いたと考えられます。

 そしてこの薄葬令により それ以前に行われていた葬送儀礼がより簡略化され それまでに作られて来たいろいろの儀礼が失われることとなりました。

 別の面では天皇家確立の根拠となる神式儀礼が確立されて行きます。 同時に神官、陰陽師と呼ばれる人々が力を持ちはじめ 霊の鎮魂という名目のもと 新しい儀礼を作り出していきました。

 以上がBC千年からAC7百年ころまでの葬儀事情ですが これはある一定の階級以上の人達の事情であり、一般民衆の中では 葬送儀礼も、遺体の埋葬も、ましてや霊の鎮魂など意識の外でしかありませんでした。

 遺体は人びとの邪魔にならない所に置かれておりました。

 明日もよろしくお願いします。