横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

江戸時代の庶民の葬儀の様子

2013年2月4日

 1467年に始まった応仁の乱以降 戦国、安土桃山、江戸と時代が推移して行きます。 民心は混乱、安定、平安へと変化し江戸初期までの200年間に浄土、禅の宗派を中心にした仏教伝道者の懸命の努力と兵農分離をもとにした郷村制の確立があいまって 蝦夷を除く全国各地に寺院が建立されて行きました。これは農民の安定した作業が豊かさを作り

という流れに 葬祭文化をもとにした仏教がマッチしたことによります。

 そして1637年の天草・島原の乱からキリシタンの禁止を名目に 人口統計を目的としたと思われる宗旨人別の制度が 1665年に江戸幕府より発令されます。従い これ以降 本人確認は寺院によって行われる寺請制度が成立し 仏教は国教となります。一家一寺制は葬祭は必ず菩提寺で行うこととなり 庶民の葬祭文化が江戸時代半ばから始まりました。又 自家の墓を持つこともこの時代からです。

 では、江戸時代の庶民の葬儀の様子をご説明します。地域によりかなり相違しますが 大体以下のようです。

 以上有難う御座います。次回は明治、大正、昭和(第二次大戦前)です。