横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の豆知識 神道の玉串拝礼

2013年2月16日

 前回に続き焼香に変わるものとして 神道では玉串拝礼を行います。 

 玉串とは榊の枝に紙垂(しで)あるいは木綿(ゆう)を付けたもので 神事の際に  神前に捧げるものであり 神霊がよりつくものとされています。

  語源は諸説有りますが「玉をつけたから」というものと「玉は魂の意味」という説が あります。

 以下、玉串拝礼の作法をご説明いたします。

  1. 神職より榊を受け取ります。
    受け取り方は左手のひらを上に向けて葉の部分を乗せ 右手のひらを下に向けて根元を上から持ちます。その際ややひじをややはります。
  2. 神前の玉串案(机)の前に進み 深く頭を下げます。
    玉串の先を時計方向に90度回し左手を下げて根元を持ち 祈念を込めます。右手で玉串の中程を下からささえ 玉串をさらに時計方向に回しながら、根元を神前に向け左手を離して右手の下に添えます
  3. 前に進んで玉串案(机)の上に奉でん(置く)します。
    二拝して 音をたてないように二拍手 一拝して終わります。葬儀の時は両手を打つ寸前で止め 音をたてない様に拍手をします。これを「しのび手」といいます。

 今回は以上です。