横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の豆知識 香典について

2013年2月18日

 今回は香典に付いて書かせて頂きます。

 香典の意味は 仏様の食物である香の煙を代わりに供えるという意味と 典は金品を 意味しております。

 本来は 仏式の葬儀で使われるものでしたが 今では不祝儀の際の一般的な名詞となりました。

 香典袋は仏式の場合 白無地か蓮の花の絵が入った包みに、成仏前は「御霊前」成仏後は「御仏前」と表書きしてご遺族にお渡しします。

 尚 成仏日の解釈は宗旨、宗派により異なりますが一般的には7x7日(49日)で良いかと思います。

 神式では白無地の包みに「御玉串料」「御榊料」と表書きします。

 キリスト教では白無地の包みに「お花料」と表書きします。カソリックの場合は「御ミサ料」と書くという説が有りますが 御ミサ料は追悼ミサのお礼として ご遺族から司祭さまへお渡しするもので 通夜、葬儀の際に使用するのは 間違いです。

 御霊前の下にご自身の名前、中袋に金額 住所を書きますが その際は薄墨で書くとされていますが 正しくは 薄墨は涙で墨が薄まる すなわち悲しみを表し、濃墨は丁寧に墨を擂った証し すなわち故人への思いの深さを表します。弔事には薄墨でも良いが 慶事に薄墨を使用してはいけないという事です。

 香典の金額は勤務先・友人・隣近所であれば三千円から一万円、親族一万円から三万円、兄弟・姉妹三万円から五万円、子供五万円から十万円が現在の相場でしょうか。なお古くからの日本の伝統として金額 紙幣の数には偶数を使わないという習慣が有りました。

 香典は故人に対するお供え物であると共にご遺族にたいする支援の意味もあります。以前は米、酒、食料品でしたが徐々に金銭へと変わりました。

 武士階級は室町時代から、一般庶民は明治時代から、一部農村部では戦後から金銭の香典へと変化してきたのです。

 今回は以上です。