横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の豆知識 魂呼び

2013年3月23日

 今回は魂呼びに付いて書いてみます。

 魂呼びとは地方により異なりますが 亡くなられた思われる方の枕元、屋根の上、井戸、あるいは海などに向かって名前を大声で呼び復活を祈る習俗です。

 現在 私どもは死を不可逆性(戻る事の無い)の事象と理解しておりますが、古くは亡くなられてから埋葬まで”モガリ” と呼ばれる期間を設けて復活への望みを託す習慣が有りました。魂呼びもこの習慣と同じ習俗と考えられます。身体から遊離して行く霊魂を呼び戻し復活を願うと共に、その死を確認し愛惜する儀礼ではないでしょうか。

 魂呼びとの記録としては平安時代の”小右記”に書かれている藤原道長の娘で後冷泉天皇の母の尚侍が身罷(みまかる)った夜に行われたとされるものが有名です。万寿2年(1025年)6月5日夜 陰陽師恒盛が嬉子(尚侍)の居所である東対の上に登り、嬉子の上で衣を持って名前を呼び、三度招いたと言うものです。

また 沖縄では ”魂よばい” ”魂込め(マブイグウミ)” ”魂呼び(タマスアビー)”などと呼称されております。

 小生も小さい頃 長野県の農村で見聞した記憶が有りますが、病院で亡くなられる事が多い昨今では見る事の無い習俗となりました。

今回は以上です。