横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の豆知識 中陰Ⅱ

2019年3月22日

 少々くどくなりますが今回も中陰に付いて書かせて頂きます。

 古代インドでは人間は輪廻転生すると考えられて居りました。誕生が生有(しょうう)、生きている間が本有(ほんう)、死の瞬間が死有(しう)、死んでから次の生を得る期間を中有(ちゅうう)あるいは中陰といい、中陰の期間は7日X7回の四十九日間であるとされ その最終日を満中陰といいます。

この四十九日間は死の穢れがもっとも強い期間として ご遺族は謹慎をして家にこもります。これを忌中と言います。四十九日が過ぎると忌明けとなり日常生活に戻ることが出来ます。この期間は別の意味でご遺族が故人さまとのお別れの寂しさを癒す期間であるとともに 周りの方がご遺族の悲しみを思いやる期間ともなります。

 忌明け法要をもって精進落としとなります。忌明けで中陰壇(後飾り)を壇ばらい(壇引きともいう)し白木の位牌を壇那寺に返して 本位牌を仏壇に納めます。

 四十九日間の忌中に対して 喪中は一周忌後の一年間となります。又 中国の儒教では三回忌を大祥忌として喪の期間は二年間としております。ご遺族の心理面での回復には一から二年の期間が必要であるとの考え方も出来ます。なお中陰法要の日は 亡くなられた日を含めて数えて下さい。又 法要の日を変更する場合は予定より前に変更とされております。そして 三周忌までの法要は個別に行いますが それ以降はほかのご家族の年回忌が近い場合はご一諸に法要を営んで頂いてかまいません。その場合は早い日のご法要に合わせるものとされております。

  今回は以上です。