横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の豆知識 法事

2013年4月20日

 今回は法事の営み方について書かせていただきます。

 ご法要では僧侶に読経をして頂き、式の終了後には会食の席(お斎)を設けて僧侶とご招待客をもてなします。ご列席頂く方に失礼の無い様 早めの準備をしたいものです。準備の手順は以下の通りです。

 1 日程

   年忌法要は原則として祥月命日に行いますが 日程をずらす場合は命日より前にします。日程はご僧侶と相談の上決めます。

 2 場所

   寺院、自宅、斎場、ホテル等の場所を決めます。

 3 ご招待者を決める

   ご招待の範囲と人数を決め 一ヶ月前にはご招待状を送り 出欠のご返事を頂きます。近親者の方えは電話の確認でも良いでしょう。

 4 引き物の手配

   手土産の手配をします。手土産には黒白又は銀色の水引をかけ 表書きは”粗供養”あるいは”志”とします。 香典返しとダブらぬ配慮も必要です。

 5 会食の手配

   法要の後の会食(お斎)の会場と料理を手配します。

 6 寺院への謝礼

   寺院への謝礼は 奉書紙に包み”お布施”と表書きして法要の前のご挨拶の際にお渡しします。ほかにお車代、宴席に供応しない場合のお膳料もお包みします。

   お包みする御礼はお布施;3万円から7万円、お車代;一万円、お膳料;5千円程度が一般的です。

 法要当日の服装は ご遺族は三回忌までは喪服を着用しそれ以降は地味な平服で良いと思います。

但し ご招待者よりくだけた服装に成らぬよう気を付けます。

 当日の進行はご僧侶の指示に従い進行します。

   今回は以上です。