横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

臨済宗の葬儀

2019年3月22日

 今回は臨済宗の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 臨済宗の葬儀は 亡者(故人さま)が仏弟子となり 修行の道に入り自らの仏性に目覚める事を願う儀式です。従いまして 故人さまを仏弟子にする為の授戒と、仏性に目覚めさせる為の引導が葬儀式の中心となります。人は仏の世界から見ればまだ修行が足りない存在であり、またこの世で修行をする機会を持つ事が出来なかった方には 故人と成られた今 仏の世界に縁を結んで仏弟子となり修行に励んで欲しいという願いを表します。そしてご遺族さまは 故人さまの”安心”(あんじん)を願うと共に ご葬儀を通して故人さまとともに平静な安心を得、故人さまに報いる様 ご自分を律っします。

 葬儀式は ガン前念誦(棺の前でお経をあげる)、鎖ガン念誦(棺を閉じてお経をあげる)、起ガン念誦(お経をあげて出棺となる)、葬列(葬列を組み寺院に向かう)、山頭念誦(寺院でお経をあげ)の流れにより執り行われます。引導法語は 四六文と言われる形式を用いて漢詩文で書かれます。ご導師さまの修行を背景に禅の宗旨、生死の安心、故人さまの生涯、戒名の意味などが含まれております。

 ご臨終者の枕元での読経を”枕経諷経”と言います。観音経、大悲帖が詠まれ その後 菩薩の四つの誓いである”四弘誓願”が読み上げられます。尚 式の次第は流派、地域により異なりますのでご導師さまに良くご相談されることをお勧めいたします。

  今回は以上です。