横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

金光教の葬儀

2019年3月22日

今回は金光教の葬儀に付いて書かせて頂きます。

 金光教は 教派神道連合会に所属する日本の新宗教の一派です。江戸末期(1859年)に赤沢文治氏(金光大神)により現在の岡山県で開創されました。祭神は”天地金の神”と”生神金光大神”です。その教えは 神と人との関係は”あいよかけよ”(人が助かる為には神へ願い 神の助けが必要、神も人が助かって欲しいとの願いを持ち 人を助ける事で神としての働きが出来るので助かる)であるとされます。人は神から肉体とその分霊を与えられて生きており 肉体の機能が停止した後に霊は神の下に帰り、その個別性は失わず、霊を祭祇する肉親・縁者とともに生き、交流する事で 真の霊としてその働きをなし得ると考えられて居ります。従いまして金光教の葬儀は 神のもとへ帰一した故人様の霊と 生者との新たな関係を生み出す為の儀式と考えられます。

 金光大神は 生きても死しても天と地とはわが住処と思え と説き 生死を超えて神の懐に抱かれ安心の境地で生きること勧めております。そして死は忌み嫌うものではないとして ご葬儀は神前で執り行われます。又 人は皆 神のいとし子(氏子)であり、全ての宗教の開祖もいとし子であるとして他の宗教を否定してはおりません。

 仏教の通夜に相当する式は 終祭と呼ばれ 神に故人様の生涯のお礼を奏上し、故人様の霊を神に取り次ぐ儀礼となります。告別式は遺族/親族・友人知人・地域社会・職場の人々が故人様の死を悼み 生前の姿に別れを告げる儀礼です。尚 金光教では聖職者は取次者と呼ばれております。

 今回は以上です。