横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

香典返し

2013年7月24日

 今回は香典返しに付いて書かせて頂きます。

 香典、供花、供物は 相互扶助の目的を持って贈られますので 本来はお返しの必要は有りません。しかしながら現在はお返しをお送りする事が一般的となって居ります。

 お返しは 仏式であれば四十九日法要の忌明けの直後に、神式では五十日祭の忌明けを迎えた直後にお送りします。 キリスト教では元来 香典、香典返しの習慣は有りませんが 現在の日本では仏式、神式にならって 御花料を頂戴する事が有ります。この御花料へのお返しは カトリックの場合は30日目の追悼ミサの直後に、プロテスタントの場合は1ヶ月後に行われる召天記念日の直後にお送りします。

 香典返しは 半返しと言われ 頂いた金額の半額でお返しします。但し 頂いた香典が高額の場合は30-40%の金額でお返しを用意致します。又 お返しの品物は 弔事を何時までも残さないとの原則から 以前は後まで残らない物が一般的でした。 しかし現在ではあまり拘らずに多様化して居り お茶、のり、菓子、タオル、毛布、漆器、陶器や 品物を選べるカタログギフト等も良く使われて居ります。

 香典返しには 会葬へのお礼と 故人に関する弔事が滞りなく終わり忌明けを迎えたご報告を含めて ご挨拶状を添えてお送りします。ご挨拶状は奉書紙一枚に薄墨でご挨拶をしたため 奉書 一重の封筒に入れるのが一般的です。文例は葬儀社、デパート、専門業者にお問い合せ頂けば幾つかの文例を入手する事が出来ます。

  今回は以上です。