横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

尊厳死の宣言書【Living Will】と安楽死との違い

2019年3月22日

今回は尊厳死(安楽死とは意味が異なります)に付いて書かせて頂きました。

日本尊厳死協会によれば尊厳死とは、 ”傷病により不治かつ末期になった時、自分の意思で、死にゆく過程を引き延ばすだけに過ぎない延命処置をやめてもらい、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えること”と定義して居ります。病院では回復の見込みの無い病気や怪我で死が迫っている患者にも、様々な延命処置を施しています。近年この様な無意味な延命処置に対して延命処置を望まず、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えたいと考える方が増えて参りました。

とはいえ現実には本人が尊厳死を望んでも医師が理解を示さないケースや、ご家族が延命処置を希望され ”本人の選択” が尊重されない事も有ります。この様な場合を想定して御本人の意思を確実に伝える方法の一つとして、日本尊厳死協会の会員となり”尊厳死の宣言書”(リビング・ウィル LivingWill)に登録しそれをご家族や医師にお示しする事が有ります。

終活について 仏花に添えて

 

宣言書の内容は

1 現代の医学では不治の状態であり、既に死が迫っていると診断された傷病に対する延命処置の拒否。

2 苦痛緩和のための処置の実施。

3 回復不能な遷延性意識障害(持続的植物状態)に陥った際の生命維持装置の使用拒否。

4 前記処置に関する全ての責任は自身に有る事。

 

日本尊厳死協会では会員に対して”尊厳死の宣言書” を発行しておりこの宣言書を提示する事により尊厳死を認める医師も多くなりました。同協会の会員数は現在十二万五千人、年会費は

正会員:2,000円

夫婦会員:3,000円

です。今回は以上です。ご不明な点やご相談はお気軽にひかりの杜へお問い合わせください。