横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道のお墓、お墓参り

2013年11月23日

 今回は神道のお墓とお墓参りに付いて書かせて頂きました。

 神道に於きましては お墓を ”奥津城”(おくつき) と言います。奥津城とは 元来は 昔の墓 を意味して居りましたが 後に お墓その物を意味する様になり、又 神道式のお墓に刻まれる文字とも成りました。奥津城は 奥都城、や奥城とも書かれますが 奥深い所で、外部から遮断された聖域で、お棺を安置する場所の意味でもあります。中間の文字である 津・都は ”~の” の意味を持ち、一般信徒のお墓では”津”を使用し、神官や氏子を勤役した方 或いはご先祖が勤役されていた場合は ”都” を使用するのが基本です。

 奥津城の形状は 基本的には仏式と同様ですが 墓石は細長い角柱型で、頭頂部を四角錐にします。これは ”三種の神器”の一つであります、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)の形を表していると言われて居ります。そして 神道では 焼香が御座いませんので 香炉は不要ですが、代りに 玉串を奉奠する為の 八足台を置きます。墓石には ”〇〇家之奥津城” と刻みます、墓石が無い場合には 墓標に ”〇〇大人(刀自)命之奥津城” の様に刻みます。神道では 仏教のような戒名は有りませんので、生前のお名前の下に 之霊・命・命霊・霊位の何れかを付けるだけです。

 通常 神社では墓地を所有して居りませんので、神式のお墓を建てる際には、公営や民営の霊苑の墓地を購入される必要が有ります。

 神道に於けるお墓参りは 故人さまの祥月命日に行う式年祭(一年祭、五年祭、十年祭等)を中心に、お盆や春秋のお彼岸に行います。まず 墓地内をきれいに清掃し、線香は使わずろうそくを立て灯します、水・洗米・塩・お神酒の神饌と 故人さまの好物をお供えします、花立には榊を飾ります。拝礼は まず深く礼をし、一度 拍手を打ちます、それから二礼二拍手一礼の拝礼をします。この場合の拍手は 一年祭まではしのび手で、一年祭からは音を立てて打ちます。

   今回は以上です。