横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

祭壇

2019年3月22日

 今回は祭壇に付いて書かせて頂きました。

 祭壇は 神、仏、精霊、や死者などに 犠牲や供物を捧げる為の壇を指します。仏教に於ける祭壇としては 仏像を安置する為の須弥壇、ご家庭内に置かれる仏壇は常設の祭壇であり、仮設の祭壇としては 葬祭儀礼用の葬儀壇、四十九日までの間 置かれる中陰壇、お盆の時期に設置される精霊棚(盆棚)等があります。

 仏教の葬祭儀礼に於ける祭壇は 儀礼により目的が異なります。葬儀の目的は 御仏を供養し それによって得られた功徳を故人さまに振り向けて頂くことに有ります、従いまして祭壇は仏様の為に設けられます。告別式の場合は 故人さまとご遺族や会葬者の方々とのお別れが主体と成りますので 祭壇は故人さまの為に設けられます。しかしながら 昨今の事情では 葬儀と告別式を個別に行う事は少なくなり、同時に執り行われる様に成り 祭壇も二つの目的を持つように成りました。

 江戸時代では 柩の前に野机と呼ばれる小机を置き、白布で覆い、灯明・香炉・花立て・位牌・供物を置き、両側に供花を添えて祭壇として居りました。明治に入りましてから 葬列がより盛大となり 柩を運ぶ白木の輿に色々な装飾がされる様に成り、戦後 この白木の輿が二段、三段となって 白木祭壇が祭壇の主流と成りました。戦後の葬祭儀礼は 葬儀よりも告別式が中心と成り 立派な祭壇を飾る事が故人さまを弔う事に成るとの考えが生まれ、祭壇はより大きなものへと変わりました。又 故人さまを より中心として弔う為に 故人さまの愛用品を祭壇に飾ったり、故人さまの人柄に合わせた生花祭壇を設ける事が流行とも成りつつあります。

   今回は以上です。