横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

釈迦如来

2014年5月7日

 今回は釈迦如来に付いて書かせて頂きました。

 十王信仰に於ける初七日の審理は 泰広王(本地 不動明王)が書類審査により司りましたが、二七日(十四日目)の審理は 初江王(本地 釈迦如来)により 三途の川のほとり で司られます。釈迦如来は 仏教の開祖である釈迦を 仏、或いは仏陀として敬う呼び方です。又 釈迦牟尼仏とも呼ばれます。

 小乗仏教(上座部仏教)では 釈迦如来(釈迦牟尼仏)は 現世に於ける唯一の仏とされて居ります。そして 最高の悟りを得た仏弟子は阿羅漢(あらかん)と呼ばれ、仏である釈迦の説法によって解脱した聖者と位置付けられています。

 大乗仏教では 釈迦如来は 十方(東西南北と その中間である四隅を足した八方と 上下を加えて 十方)と 三世(過去、未来、現在)の中に位置する諸仏の一仏であり、現在の娑婆(堪忍世界)の仏であるとされます。又 三身説では 仏が現世の人々の前に現れた姿であるとされます。

 大乗仏教の中の 特定宗派では 釈迦牟尼仏は 古代インドで活躍し、肉体を持った ゴータマ・シッダルタ(釈迦)を指すのではなく、インドで生誕する前の悠久の昔から存在し、入寂の後も 遙か未来まで存在して行くという 信仰上の 釈迦牟尼世尊である と説きます。

 釈迦如来は インドを始めとして 仏教が布教された各地で 造像されて居りますが、日本では 誕生像、苦行像、降魔像、説法像、涅槃像などが御座いますが、釈迦が法を説く姿である 説法像が一般的です。著名な作例としては 奈良の法隆寺金堂、室生寺金堂 京都の清凉寺、蟹満寺、大報恩寺などの釈迦如来像が御座います。

   今回は以上です。