横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

阿弥陀如来(あみだにょらい)

2014年5月19日

今回は阿弥陀如来(あみだにょらい)に付いて書かせて頂きました。

十王信仰に於ける三周忌の審理は五道転輪王が司り、判決に係わる最後の再審査を行います。五道転輪王の本地は阿弥陀如来です。

阿弥陀如来

阿弥陀如来は大乗仏教の如来の一尊で 無明の現世をあまねく照らす光の仏にして空間と時間の制約を受けず西方に極楽浄土と言われる仏国土を持ちます。尚、東方の浄土には薬師如来が居られます。

阿弥陀如来の梵名はアミターバ、又はアミターユスと言われます、アミターバは無限の光を持つ者、アミターユスは無限の寿命を持つ者を意味し、これを音写して阿弥陀となり、仏を加えて阿弥陀仏と成りました。又漢訳すると無量光仏、無量寿仏となります。

阿弥陀仏信仰の起源は必ずしも明確では有りませんが、浄土系教典や像の出現時期などから推測すると、北インドを中心としてクシャーナ朝前記の西暦1-2世紀の間に発達したと考えられます。佛説無量寿経によれば一切の衆生救済のため王位を捨てて世自在王仏のもとで法蔵菩薩と名乗り修行し、衆生救済の為の五刧思推し、浄土への往生の手立てを見出し、衆生救済のための”四十八願”を発願したのち、改めて誓いを立てて修行し、それが成就して仏となった報身仏と説かれて居ります。特に浄土諸宗に於いては、四十八願のうちの第十八願を重要視して居ります。

阿弥陀如来は鎌倉時代以降、浄土教の本尊として日本各地に広がります。造形化される際は装身具を着けない質素な服装の如来形で印を結ぶ姿が一般的です。真言宗では紅玻璃色阿弥陀如来と呼ばれる髪を高く結い上げて宝冠を戴き、体色が赤い如来像が、天台宗でも宝冠を戴き装身具を身に付けた如来像が御座います。

日本の如来像

日本に於ける作例と致しましては岩手県・中尊寺、京都府・平等院、仁和寺、三千院、浄瑠璃寺、奈良県・法隆寺、兵庫県・浄土寺、そして神奈川県・高徳院の鎌倉大仏などが御座います。いずれも国宝に指定されて居ります。

今回は以上です。