横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

奈良仏教

2014年7月1日

 今回な奈良仏教系に付いて書かせて頂きました。

 仏教は 飛鳥時代に伝来し、聖徳太子の活動と伴に、国家鎮護の道具として定着しました。その後 奈良時代に入り、律令法の中に僧尼令が制定されて、僧職者は官僚組織の一員として組み入れられ、多くの官寺が建立されます。この時代に大勢を占めた宗派は”南都六宗” 或いは”奈良仏教系”と呼ばれました。三論宗、成実宗、法相宗、舎宗、律宗、華厳宗の六宗です。

 奈良時代の寺院の多くは 国家施設であり、南都六宗は仏教の宗派と言うよりは、学派と呼ばれる性格を持って居りました。これらの学派は 大陸から輸入された多くの経典や注釈書を基に 官僧による仏教の学問的・論理的研究を主として居りました。従いまして 理論が中心となり、宗教的実践を伴うまでには至りませんでした。

 聖武天皇の時代 藤原氏とその他豪族の間で政権争いが激化し、疫病が流行し、新羅との外交関係が悪化する等の事が重なり、天皇とその妃の光明皇后は仏教の加護に頼り、仏教を深く信仰する事となります。聖武天皇は 国ごとに 国分寺・国分尼寺をたて、総国分寺として 東大寺を建立し、東大寺に奈良大仏を造立します。そして 華厳経の教理を拠り所とした 平安な律令国家の実現を目指しました。この時代に 唐の揚州に生まれ、洛陽・長安で修行を積んだ 鑑真大和尚が招かれました。鑑真大和尚は東大寺に戒壇を設け、僧侶に戒を授けました。その後 唐招提寺を建立し そこに住んで生涯を終えました。

   今回は以上です。