横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

浄土派(鎌倉仏教浄土派)

2014年7月6日

 今回は浄土派(鎌倉仏教浄土派)に付いて書かせて頂きました。

 鎌倉時代は 平安時代末期の混乱から 武士階級の社会が出現した時期であり、仏教界でも それまで貴族を対象とした仏教から、武士階級・一般庶民を対象とした信仰思想の変革が起こります。その中で 南無阿弥陀仏と念仏を唱え続ける(称名念仏)事で救われると説く浄土宗、更に踏み込んで 善人・悪人・男・女に係わらず 浄土へ成仏出来ると説く浄土真宗(一向宗)、踊りながら念仏を唱える融通念仏宗、時宗などを浄土派と呼びます。

 鎌倉時代には 政権が貴族階級から武士階級に移る事により、政治・経済・社会が劇的な構造変化をすると共に発展します。更に 末法思想・仏教の変革なども連動して 浄土教は飛躍的な発展を遂げました。

 浄土宗の開祖とされる法然上人は まず比叡山に学び、のちに叡山を下りて 東山吉水に居をかまえて 吉水教団を形成します。その教えは 観相念仏を否定し、称名念仏のみを認めました。南無阿弥陀仏と唱える事で 貴賤や男女を問わず 西方浄土へ往生できると説きました。

 浄土真宗の宗祖とされる親鸞上人も 比叡山に学び、後に修行では民衆を救済出来ないと修行仏教と訣別し 叡山を下りて 法然上人の吉水教団に弟子入りします。その後 念仏停止により 流罪に処せられ 僧籍を剥奪されます、そして 法然上人の助言により 生涯 非僧非俗の立場を貫きました。赦免後は関東を中心に20年間に渡る布教活動を通して 念仏の教えを深化させました。その教えは 阿弥陀仏の働きにより起こされた”真実信心”を賜る事を因として、いかなる者でも現生に浄土往生が約束される”正定聚”に住し必ず滅度に至らしめられると説く。尚 浄土真宗が成立するのは上人没後のことです。

 時宗の開祖とされる一遍大師は 大宰府に赴き 法然上人の孫弟子である 浄土宗の聖達に師事します、その後 諸国を遍歴し、紀伊の熊野本宮証誠殿で熊野権現から啓示を受けて悟りを開き 時宗を開宗したとされます。その教えは 阿弥陀仏の絶対性は 信 すらも不要で、念仏を唱える事のみで極楽往生できると説きました。晩年には踊念仏を始めました。

   今回は以上です。