横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

金光教の葬儀

2013年6月10日

 今回は金光教の葬儀に付いて書かせて頂きました。

 金光教の葬儀は 神式を基本として 終祭(しゅうさい)、告別式、火葬の儀、葬後霊祭により 執り行われます。終祭は 仏式に於ける通夜、告別式は 故人さまとの告別、火葬の儀は ご遺体のご火葬・収骨、葬後霊祭は 仏式に於ける初七日法要に当ります。儀式の式場、日時、式次第に付きましては 所属されている教会の 取次者の方と ご相談のうえお決め頂き、会葬希望の方々へご連絡頂く事になります。

 終祭は 仏式で言う通夜に当るものですが 人生最後の儀式として 祭主が故人さまに代わって、神様に対して生涯のお礼を申し上げると共に、霊となった以後の立ち行きを願う儀式です。金光教の教えでは 天と地は我が住家である と説かれ、たとえ霊となっても 神様の救済を受けずには助からない。生きている事も 死ぬ事も そして死んで御霊となった後も すべて神様に一切をお任せした働きの中のことであり、霊は神様の許にへ帰り 神と同根となるとされます。その為の儀式を神前に柩を安置して執り行います。その次第は以下の通りです;

1 祭員着座       祭員は入場し席に着きます。

2 一同拝礼       忍手(しんびて)で柏手を打ちます。

3 天地賛仰詞奉唱   所定の詞を全員で奉唱します。

4 祭主告詞奏上    故人さまに奏上されます。

5 霊璽奉遷       故人さまの霊が ご遺体から霊璽に移されます。

6 祭主祭詞奏上    神様に対して奏上されます。

7 祭主玉串奉奠    まず祭主が玉串を奉奠します。

8 喪主喪婦玉串奉奠 次に喪主・喪婦が玉串を奉奠します。

9 遺族親族玉串奉奠 そして遺族・親族が玉串を奉奠します。

10 新霊神拝詞奉唱 所定の詞を奉唱します。

11 会葬者玉串奉奠 会葬者が玉串を奉奠します。

12 一同拝礼      忍手で柏手を打ちます。

13 祭員退下     祭員が退場し 儀式は終了となります。

 告別式は 故人さまの御霊に縁故者・知人が告別をする儀式で、祭典の途中で祭主により会葬者を代表した 御霊に対するお別れの祭詞が奏上され、会葬者は玉串を奉奠して 御霊に感謝の真心をお供えします。その次第は;

1 祭員着座        祭員が入場し席に着きます。

2 一同拝礼        忍手で柏手を打ちます。

3 天地賛仰詞奉唱   所定の詞を奉唱します。 

4 祭主祭詞奏上     会葬者を代表して御霊に奏上されます。

5 祭主玉串奉奠     祭主が玉串を奉奠します。

6 喪主喪婦玉串奉奠  喪主・喪婦が玉串を奉奠します。

7 弔辞           会葬の代表者により弔辞が奉読されます。

8 遺族親族玉串奉奠  遺族・親族が玉串を奉奠します。

9 新霊神拝詞奉唱   所定の詞を奉唱します。

10 会葬者玉串奉奠  会葬者が玉串を奉奠します。弔電もここで奉読されます。

11 一同拝礼       忍手で柏手を打ちます。

12 祭員退下       祭員が下がり 告別式は終了となります。

   今回は以上です。