横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

生長の家

2014年9月3日

今回は生長の家に付いて書かせて頂きました。 

 生長の家は 1930年 谷口雅春によって創設された新興宗教団体であります。本部を東京都渋谷区に置き、ボランティア(信徒)212万人を有し、その信仰は 神道・仏教・キリスト教・イスラム教・ユダヤ教等の教えに加え 心理学・哲学などを融合させて 全宗教の真理は一つとしたものです。主とする活動資金は 創設者 谷口雅春及びその子孫が出版した書籍を販売して得ており、当初は積極的に政治活動を行って居りましたが、現在は控えております。

 谷口雅春は大正時代 会社勤務の傍ら”心霊科学研究会”に加わり、宗教的・哲学的 彷徨を重ねて居りましたが、1929年12月13日深夜 瞑想中に ”今起て”と神の啓示を受け、1930年3月1日に修身書としての雑誌”生長の家”1000部を自費出版しました。(生長の家ではこの日を立教記念日として居ります) その後1932年に 雑誌生長の家に発表した論文をまとめて、自己啓発書 ”生命の實相”が完成し、この書を基に支持者・購買者を拡大して 教化団体生長の家が創設されました。

 その教義は 谷口雅春の著作 特に”生命の實相”・”甘露の法雨”を基礎として、神道・仏教・キリスト教・その他もろもろの宗教は根本に於いては一致するという ”万教帰一”という思想を主張し布教して居ります。

 又 その行法は 信者は 神想観、大祓の人型、浄心行、写経と呼ばれる行法のうち どれか一つを一日に一回行うのが望ましいとされます。

神想観は 正座をして招神歌を読み瞑目合掌する。大祓の人型は 紙のお札に氏名を書きそれで本人を擦り、息を吹きかけ、それを総本山や各教化部で焼納する(年に2回)。浄心行は 自分の考える悪い事を全て紙に書き出し、それを本山等で清めた炎で焼納する。写経は 甘露の法雨 を書き写す。

 供養は 永代供養、あるいは永代祭祀と言い 供養される者の氏名を専用の”甘露の法雨”教典に書き供養します。生存者の場合は総本山龍宮住吉本宮に奉安され 故人になると別格本山宝蔵神社の紫雲殿に遷され永代供養されます。

   今回は以上です。