横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の習慣

2019年3月22日

 今回は葬儀に付いて書かせて頂きました。

 葬儀とは 仏教に於ける葬送儀礼の略で、一般的には葬儀式を指して居りますが、本来の意味では 故人さまのご臨終から、死後の喪に至るまでの、死者を葬り 悼む為の一連の祭儀・儀礼を指して居ります。

 葬儀は 人の死を弔うために行う祭儀であり、その様式は それを行う人たちの 死生観や宗教観が深く関っており、信ずる宗教の違いが そのまま様式の違いとなります。そして 葬儀は 故人さまの為だけでなく、残された方々の為に行われるという意味合いも強くあります。残された方々が 故人さまの死を その心の中でどの様に受け止め、位置付け、処理するか、これを援助するための儀式でもあります。従いまして 葬儀は 宗教が文明の中で体系立つ以前の旧石器時代から執り行われて来た宗教的行為であると言えます。約6万年前のネアンデルタール人も葬儀を行っていたと推定される報告がなされて居ります。

 日本に於ける葬儀の習慣では 通夜、葬儀、告別式、火葬、納骨と執り行われるのが一般的です。

通夜は古代日本の ”もがり” から発しており、葬儀の前夜祭の形態をとります。魔除けの為に 灯明や線香の火を絶やさぬ様、だれかが寝ずの番をします。但し 横浜市営の斎場では 消防署の指導により、夜間に火を焚く事は禁止されて居り、半通夜と呼ばれる形態で 夜間はご遺族にお帰り頂くケースが多くなりました。

葬儀・告別式は 宗教家の指導の下に執り行われます。告別式が終ると出棺となります、多くの参列者は ここで故人さまとお別れとなります。火葬場に向かう道と 帰り道は 同じ道を通らない という習慣がありますが、本来は 埋葬した死霊が 迷ってついて来れない様にと 昔 土葬が一般的であった時代の習慣が引継がれたものです。

葬儀終了後に 振り塩 と呼ばれる清めの塩を撒く習慣が有りますが、これは 神道古来の習慣が仏教の葬儀に融合したと考えられます。死を穢れとは考えない仏教では教義に反するとの意見も有ります。浄土真宗では当初より 清めの塩は使用しません。

   今回は以上です。