横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の様式

2014年9月21日

 今回は葬儀の様式について書かせて頂きました。

 日本に於ける葬儀の様式と致しましては 宗教に捉われない 助葬、友人葬 又 信仰する宗教を基にした 神道、仏教、キリスト教(カトリック・プロテスタント・正教会) などが主な形となります。

 助葬とは 生前の縁者や身寄りの方が居られなかったり、居られても葬儀を行う事が出来ない場合は 替わって 市区町村の社会福祉事業や慈善事業団体、又はNPOなどによって行われる形態の葬儀の事です。ホームレスなどで生活保護などの支援を受けて居ない死者であっても、各地方自治体が定めた定額の中で ご遺体保全、ご火葬、共同墓地への埋葬までを助葬と呼んで居ります。横浜市の場合は 共同納骨堂は用意されて居り、無料で納骨をする事が出来ます。又 2年間に限り ご遺骨を保管する制度も用意されて居ります。これらの手続きは 助葬を取り扱う葬儀社でお手伝いが可能です。

 神道に於ける葬儀は神葬祭と呼ばれます。神道では死を穢れたものと考え、聖域である神社では葬式を行わず、ご自宅か葬祭場で行います。横浜市営の斎場 3ヶ所では神葬祭を行う事が出来ます。最近は信徒の強い希望により、神社内で葬儀を行う事も多くなりました、この場合は 神殿と葬儀会場の間に式幕による結界を設けて行います。

式のおおまかな流れは まず神職により 塩水の湯や大痲等によってご遺族・参列者・会場を祓い清める 修祓が行われます。そして神職により祖霊に対して供物である神饌が供されます。神職は祭詞を奏上し、故人さまの生前の業績を述べご遺徳をしのびつつ、祖霊となってご遺族を守ってくれるよう祈念します。参列者は玉串をささげ、二拝二拍手一拝を行い故人さまを偲びます。このとき二拍手は 音を立てない しのび手 で行います。

神道では お墓を 奥津城(おくつき)と呼びます。墓石には 〇〇家の奥津城 と刻みます。又 仏教の位牌に当る 霊璽(れいじ)を祀る場合は御霊舎(みたまや)を置いてお祀りします。

   今回は以上です。次回は続いて仏教、キリスト教を書かせて頂きます。