横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の次第

2019年3月22日

 今回は葬儀の次第(流れ)に付いて書かせて頂きました。

 現在の日本に於ける 葬儀の全体的な次第は平安時代にその原型が作られ、江戸時代に 仏教儀礼の式次第が整えられたとされます。

 平安時代中期の天皇家葬儀では 危篤状態で 臨終作法として念仏(光明真言)が唱えられ、崩御の後には 陰陽師が呼ばれて 納棺・葬儀の日時や墓所の方角が占われて次第を決めました。この時代には すでに玉体は北枕で安置され、納棺に当っては 皇后・宮さま・しかるべき公卿の手により 事前に沐浴(湯灌)を行い、僧侶も加わって納棺が行われました。出棺の前には僧正による呪願(じゅがん)がなされ、輿に柩が載せられ、葬列を組んで、通常の門を使わず 築垣を壊して道に出、御竈所(みかまどころ、火葬場)へ向かいました。御竈所では ご火葬の前に 導師により呪願が行われ、僧侶立会いの下に荼毘に付されます。夜を通して荼毘が行われ 翌朝 皆でお骨を拾い 白壺に収めて 僧正の光明真言の念誦を受けます。お骨壺は 菩提寺に作られた三昧堂に安置され、七七日の法要、祥月命日の法要、一周忌の法要が行われて、葬送儀礼が終了しました。以上のごとく 日本の葬送習俗の原型はこの時代に出来上がったと考えられて居ります。この原型を基に庶民を含めた仏教の葬送儀礼が江戸時代に整えられました。

 光明真言は ”おん あばきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらぼりたや うん” で これを108回唱えます。死者の贖罪に力があるとされ、この真言により加持された砂を遺体にかけると 仏の光明に包まれ、極楽往生出来ると信仰される密教の修法です。なお 罪が許されると ご遺体は柔らかくなり 納棺しやすく成ると信じられても居りました。

 呪願とは 悪魔を祓い、死者の霊を慰め、浄土に往生する事を祈願するものです。当時は 阿弥陀護摩と呼ばれる護摩焚きも行われて居りましたが、これは死者の減罪に力があると信じられて居りました。

   今回は以上です。