横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道の軌跡

2019年3月22日

 今回は神道について書かせて頂きました。

 神道(しんとう、かんながらのみち)は 日本古来の宗教で、自然や自然現象を敬い、その中に八百万の神を見出す、日本独特の多神教です。全ての自然の中に神が存在し、神と人間を取り結ぶ作法が祭祀であり、祭祀を行う場所が神社という聖域です。現在の 神道として体系や儀礼を作り上げるのに貢献した人物は 吉田兼倶(1434-1511)です。

 吉田兼倶は 密教や陰陽道を取り込み 神道を体系化して、神道が儒教や仏教の宗主であり、万法の根底であると理論付けました。古代日本に起源をたどる事が出来る神道は 日本の伝統的な民俗信仰や自然信仰を基盤として居り、日本の国家形成に影響を与えた宗教でも有ります。そして 宗教名は他の宗教とは異なり 神教とは言わず 神道と呼びます。神道には 確定した教祖や創始者は居らず、経典や聖書の様な明確な聖典も有りません。吉田兼倶による体系化に当っては 古事記・日本書紀・古語拾遣・宣命などの 神典とされる古典を規範として作られました。尚 富士山の世界遺産登録に当っては 富士山に対する山岳信仰が登録決定の大きな要素と成りました。

 神道は 奈良時代以降 江戸時代までの間 仏教信仰に吸収されて来ました(神仏習合)。しかしながら 明治政府は 天皇を中心とした 国民・国家統合を図る為、神仏分離を行い、水戸学やそれまでの国体神学を基にした 国家神道を作り上げました。そして 全国各地の氏神を祀った神社に 皇統神を合祀し、国家による組織化を進めました。

   今回は以上です。