横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

告別の方法(その2)

2015年3月10日

 今回も告別の方法に付いて書かせて頂きました。

 通夜、葬儀、告別式で 故人様と最後のお別れをする際、仏式であればご焼香、キリスト教や無宗教葬であれば生花の献花、神道であれば玉串拝礼が一般的です。今回は 生花の献花 及び 玉串拝礼の作法に付いて書かせて頂きます。

 生花の献花は 無宗教葬のお別れ会、キリスト教葬で焼香の代りとして(日本特有、欧米では墓地での献花)、又 仏式であっても ホテル等の公共施設で葬儀を行う場合 規則により焼香がでない為、お別れの際に利用されて居ります。

献花には 特に決められた作法が有る訳では有りませんが、通常は 献花台の横に立つ奉仕の方から 花を一輪受取り、茎を先にし 花を手前に来るようにして 献花台に置き、ご遺影に拝礼してお別れをします。又 ご遺族が居られるのであれば 献花の前と後にはご遺族に挨拶される方が良いでしょう。特に決められた作法が有る訳では有りませんので、最初に献花をされた方に従うという方法も有ります。又 献花台ではなく、オアシスを用意したケースでは そこに花を挿すかたちとなります。使用される花は 白の菊やカーネーションが一般的ですが、決まって居る訳では有りません。

 神道の神葬祭では 玉串拝礼を行います。まず 玉串は神職より受取ります。

1 玉串は胸の高さに 左手で手の平を上に向け葉の部分を下から支え、右手で手の平を下に向け榊の根元を上から持ち、左手を少し高目に肘をはって持ちます。

2 神前の玉串案の前に進み 深く頭をさげます。

3 玉串を時計方向に90度回し、左手を手前に引いて根元を持ち、祈念を込めます。

  そして 右手で玉串の中ほどを下から支え、更に90度回して、左手をはなし、右手の下に添えます。

4 一歩前に進んで、そのまま 玉串案に奉奠します。

5 拝礼をします。拝礼は 二拝、二拍手、一拝ですが、二拍手は しのび手と言い、両手を打つ寸前で止めて 音を立てない拍手で行います。

   今回は以上です。