横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

返礼品の準備

2019年3月22日

 今回は返礼品に付いて書かせて頂きました。

 返礼品とは 葬儀や法事のお手伝いを頂いた方や 参列者に振舞う品物の事で、他者に布施をすることによって仏に徳を積みこれを故人様に振り向ける 為のもので 供養の為の品ということから 供養品とも呼ばれます。返礼品には 通夜返礼品、会葬返礼品、香典返し、法事返礼品などが有ります。

 通夜や葬儀の時 会葬の方へ食事や酒を振舞ったり、お菓子を出したりするのは 故人様の減罪を願う布施の一つで 故人様の供養につながると言う考えから生まれました。以前は葬列が出発する前に籠に菓子や小銭を入れて 見送る人々に振り撒いたのも 同じ考えにもとずくものです。

 通夜返礼品は 通夜の弔問に来られた方への返礼品で、通夜振る舞いに出られず お帰りになる方へのお礼の品物です。又 事情によっては 通夜振る舞いを行わず、寿司券などをお渡しするケースも御座います。現在の横浜では 通夜のみに弔問されて、告別式には参列されない方も多く、通夜 告別式の区別なく 同じ返礼品をお渡しするののが 一般的となって居ります。

 会葬返礼品は 葬儀・告別式に参列頂いた方への返礼品です。香典持参の有無に係わらず 参列された方 全員にお渡しします。品物としては ブランド物のハンカチ、砂糖、お茶、クッキ-などで 500から800円程度の物が一般的です。尚 横浜では 香典返しは 即返しが習慣となって居り、通夜返礼品や会葬返礼品は特別に用意せず、会葬者には 2,500円前後の香典返しをお渡しするのが一般的となって居ります。この場合 香典持参の有無にかかわらず会葬の方へお渡しすることとなります。

 香典返しは 大きく分けて 即返し と忌明け返しの2種類が有ります。即返しでは 葬儀・告別式でお返しして居りますが、高額の香典を持参された方には 別途 お返しをするのが良いでしょう。忌明け返しは 三十五日や四十九日の忌明けに合わせて 礼状を添えて返礼します。お返しは半返し(頂いた金額の半分をお返し)、又は 三分返し(頂いた金額の30%をお返し)で品物をお送りします。又 葬儀の余剰金を社会福祉施設に寄付するとか、遺児の養育費に充てるとか 香典返しを行わない事も有ります。香典返しを行わない場合は その用途を忌明けの挨拶状に記すと良いでしょう。

 法事返礼品は 四十九日、一周忌、三回忌等の法事に参列して頂いた方に対するお礼の 返礼品です。繊維製品、お茶、お菓子などが一般的です。お斎の席を設けない場合は 折り詰めの料理も用意すると良いでしょう。

   今回は以上です。