横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の祭壇

2019年3月22日

 今回は葬儀の祭壇に付いて書かせて頂きました。

 葬儀の祭壇は 宗教儀礼を前提として葬儀を営むのであれば、仏教の場合は仏様、神道やキリスト教の場合は神様を中心として組まなければ成りません。他方 告別式の祭壇は 故人様を中心として組む必要が有ります。現代の葬儀では 葬儀と告別式を一定時間内に執り行われて居り、祭壇も両方を意識して組まれなければ成りません。無宗教葬の場合は 故人様とのお別れが目的の祭壇であらねばなりません。

 宗教儀礼として 葬儀を営む場合は 仏様や神様の導きによって 故人様をあの世に送る事が基本となります。神道では家の守護神となって頂く事となります。仏教葬儀の目的は 仏様を供養する事により 得られる功徳を 故人様へ振り向けてて極楽往生を願うと言う 間接的方法を取ります。キリスト教の場合は 礼拝が中心ですが その対象は神様です。したがいまして 祭壇の中心は 仏教の場合 御本尊、キリスト教の場合は礼拝の対象が故人様にならない様にしなければ成りません。つまり 宗教儀礼としての祭壇は 故人様をないがしろにする訳では有りませんが、故人様を礼拝の対象とするような荘厳は適当では有りません。執り行う 宗教、宗派の考えに従った道具立てをしなければ成りません。

 一方 告別式では 故人様とご遺族・会葬の方々とのお別れが中心と成りますので、ご遺族・会葬者の想いを祭壇の装飾に生かすべきです。

 従いまして 祭壇を作るに当たりましては 宗教者とご遺族が 良く相談をされて お決め頂き、葬儀儀礼の場であると同時に 告別の場でもあるという二面性を意識した祭壇であらねば成りません。

 祭壇の大きさは 生花祭壇であれば 幅2。2m、高さ1.8m、奥行き1.2m程度が一般的ですが、ご遺族のご希望、会場の広さ、会葬者の人数等に合わせてどの様な祭壇も組む事が可能です。

   今回は以上です。