横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

仏壇とは

2019年3月22日

 今回は仏壇に付いて書かせて頂きました。

 仏壇とは 日本独特のもので 一般家屋に常設される 仏教の礼拝施設で、その家の先祖をお祀りする場であると共に 弔い上げ前(三十三回忌や五十回忌前)の 故人様を供養する場でも有ります。仏壇を新規に購入されましたら 僧侶に依頼をし 仏壇・本尊・位牌に対する開眼供養を行います。開眼供養により 本尊や位牌が礼拝の対象となります。開眼供養は 四十九日や一周忌の法要の際に合わせて行うのが一般的です。

 古代インドでは 土を積み上げて壇を作り、そこを神聖な場所として神を祀りました。更に雨風を防ぎ為に 土壇に屋根が設けられ、回りを囲む壁が設けられ、現在の寺院の原型が出来上がります。日本に仏教が伝来した当初は 寺院内の仏像を祀る場所を仏壇と呼んで居りましたが、その後 仏教の宇宙観では 巨大な山 須弥山(しゅみさん)が宇宙の中心をなし そこに仏(帝釈天)が所在するとされ、仏像は須弥山を模った須弥壇に安置されるべき として 仏壇は須弥壇と呼ばれる様に変わります。同時期の平安時代後期 貴族などの上流階級では 個人で持仏堂を持つ者も現れ始めました。そして持仏堂を持てない人々は仏間を持つ様になり、又 鎌倉時代に入ると 禅宗の伝来とともに 位牌が流行し、自宅内に本尊や位牌を安置する壇を仏壇よ呼ぶ様に成ります。仏壇が庶民の間に普及するのは 江戸時代中期以降の寺壇制度確立の後からです。

仏壇は 大きく分類すると 金仏壇、唐木仏壇、家具調仏壇に分けられ、30-50万円の価格のものが一般的ですが、最近では 20万円以下のシンプルでモダンな仏壇も多く見られる様に成りました。

 近年は グリーフワークの観点で 葬儀後の悲嘆にくれるご遺族が 仏壇内に安置されたご位牌を通して故人様と対話することにより 悲しみを癒して行く効果が期待できるとも言われて居ります。

   今回は以上です。