横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道のご神体

2019年3月22日

 今回は御神体に付いて書かせて頂きました。

 御神体とは 神道に於きまして 神が宿るとされる場所や物を指し、礼拝の対象となります。神道では 森羅万象 八百万の神が存在しますので 巨石、樹木、山、森、その他 注連縄で飾られた物など 多岐にわたります。神社神道では 神社創立の起源となった物体や 注連縄で囲まれた場所などが御神体とされ、皇室神道では 三種の神器(鏡、玉、剣)の鏡が御神体とされています。又 御神体は 神が宿る場所や物を指して 御霊代(みたましろ)、あるいは 依り代(よりしろ)とも言われます。

 御神体は 長期に渡り受け継がれて来た物、定期的に更新される物など多岐に渡りますが、受け継がれて来た御神体としては 海・川・滝・山・森・木・岩などで 景色の中で際立つ場所が 現世(うつしよ)と常世(とこよ)の境界と考え、神の国への入り口、あるいは 神のいる場所とされました。日本各地での ご神木や夫婦岩、霊峰としての富士山、福岡県宗像市の沖ノ島などが これに当ります。定期的に更新される物としては 儀式で使用される御幣、榊、祭に使用される神輿・山車、更に 諏訪大社の御柱 出雲大社の神殿等があります。

 神社の社には 御神体の証として 注連縄で飾られて居ります。神社神道の神社は 本来 神籬(ひもろぎ)磐座(いわくら)(神がいる場所)に建てられるのが一般的でしたが、本殿がなく山や丘や神木が御神体であるケース(諏訪神社、大神神社など)、子孫繁栄の象徴として男根を御神体とした神社なども御座います。

 又 大相撲の本来は 神に奉納される神事で、力士の最高位は大関であり、大関の中で特別に選ばれた者だけが神の神体となり、生き神である証として 注連縄である横綱を張ることが許されるとされました。

   今回は以上です。