横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

友引とは

2019年3月22日

 今回は友引(ともびき)に付いて書かせて頂きました。

 友引とは 現代の日本で使用されている歴注の一つ 六曜(ろくよう)の中の一日で、葬儀は避ける日として 定着して居ります。六曜は 先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口で構成されます。横浜市内の火葬場も友引の日は原則 業務を休止して居ります。但し 横浜市営火葬場は4ヶ所御座いますが、特別な事情を考慮し 一ヶ所は友引の日でも業務を行って居ります。

 六曜は 14世紀 鎌倉・室町時代に中国より伝来し、一ヶ月(30日)を五等分して、6日を一つの周期とした暦です。六曜は中国で生まれたとされますが、何時の時代に暦として確立されたかは不詳です。俗説としては 孔明六曜星が有名で、諸葛亮孔明が発案し、六曜を用いて軍略を立てたとされますが、三国時代に六曜があったとは考え難く、後世の人がこじつけたとするのが定説となって居ります。六曜には 固有の吉凶・運勢が定められて居り、江戸時代には 勝負事の縁起を担ぐ占いのもととして定着し、明治政府からは 吉凶付きの歴注は迷信であるとして禁止されましたが、第二次世界大戦終了とともに解禁となり、現代の日本に定着しました。六曜は 仏滅や友引など 仏事と関係が有る様に思われていますが、仏教とは一切 関係は有りません。仏教では占いを否定して居り、特に 浄土真宗では親鸞上人が ”日の吉凶をえらぶ事は良くない” と和讃で説いて居り、迷信・俗信一切を否定して居ります。

 六曜は 先勝―友引-先負-仏滅-大安-赤口の順で繰り返し、旧暦の毎月一日が下記の様に固定されて居ります; 1月・7月 先勝、2月・8月 友引、3月・9月 先負、4月・10月 仏滅、5月・11月 大安、6月・12月 赤口。 従いまして 新暦のカレンダーでは 規則正しく循環していたものが ある日突然途切れたり、年によって・月によって六曜が異なる事と成ります。

 友引は 凶事に友を引く を意味し、勝負なき日としるべし と言われ、勝負事で何事も引き分けになる日 とされます。 朝は吉、昼は凶、夕は大吉。但し葬式を忌む と言われます。

又 慶事の際には 幸せのお裾分け として 結婚式の引き出物は 友引の日に発送する習慣も有りました。

   今回は以上です。