横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

 

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

六曜とは

2019年3月22日

 今回は六曜(ろくよう)に付いて書かせて頂きました。

 六曜とは 先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の六種類の曜日繰り返す歴注であり、七曜である 火、水、木、金、土、日、月 と共に 今日の日本に於いて影響力を持ち、特に 結婚式は大安の日、葬式は友引を避けるなど、冠婚葬祭の儀式に結び付けて使用されて居ります。七曜との混同を避ける為、六輝(ろっき)とか 宿曜(すくよう)とも言われます。

 六曜は中国で唐の時代に創られたと言われますが、確証は無く その真偽は不明です。何れにしろ 鎌倉・室町時代に中国から伝来し、時代の経過と共に 名称・解釈・順序などが徐々に変化し19世紀初めに現在の形が出来上がり、幕末には 民衆の間に定着しました。各六曜には 固有の吉凶や運勢が定められて居り、勝負事に関する内容が多く、縁起を担ぐことから、元来は勝負師や賭け事の遊び人の間で創られ、用いられたのではないかと考えられております。六曜の中には 仏滅、友引など 仏事と関連が有る様に見えますが、仏教とは一切関係有りません。仏教では占いを否定して居り、仏教に於いては本質的に因果関係によって物事が決まります。従い 六曜が直接原因として物事を左右する事は有りません。

先勝(せんしょう、さきがち)

 先んずれば即ち勝つ の意味で 万事に急ぐ事が良いとされます。午前中は吉、午後2時より6時までは凶とされます。

友引(ともびき)

 凶事に友を引く の意味で 以前は勝負なき日と知るべし と言われ 勝負事で何事も引き分けになる日とされました。朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む と言われます。

先負(せんぶ、さきまけ)

 先んずれば即ち負ける の意味で、万事に平静であることが良い とされ、勝負事や急用は避けるべきとされます。午前中は凶、午後は吉。

仏滅(ぶつめつ)

 仏も滅ぼすような大凶日 の意味で 物滅が近年になって仏の字に当てられました。六曜の中で最も凶の日とされ、婚礼等の祝儀を忌む習慣があります。

大安(たいあん)

 大いに安し の意味で、六曜の中で最も吉の日とされます。何事においても吉 成功しない事はない日とされ、婚礼はこの日が選ばれます。

赤口(しゃっこう)

 万事に用いない悪日 とされ、陰陽道の ”赤舌日”という凶日に由来します。午の刻(午前11時から午後1時頃まで)のみ吉で、それ以外は凶とされます。

   今回は以上です。