横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀にの施行

2019年3月22日

 今回は葬儀に付いてつれずれに書かせて頂きました。

 葬儀の施行では 大きく分けて二つの目的を果たさねばならないと思います。一つはご遺族による故人様との最期のお別れであり、もう一つは一般の方々による故人様との告別です。通夜までが前者であり、葬儀・告別式が後者を目的にして居ります。その意味では 一般の方々は 御自身のご都合は別として 通夜への参列は避け、葬儀・告別式に会葬されるべきではないでしょうか。

 以前の日本に於ける 葬儀当日の流れは以下の様な形でした;

① 内葬礼、② 庭葬礼、③ 葬列、④ 寺内葬礼、⑤ 埋葬(火葬)

内葬礼は ご自宅での葬儀式で 最後に家族で食膳を囲みました(別れの膳、出立の膳)。

庭葬礼は 葬列を組む前に 庭で庭葬礼を行い皆さま方のお別れを受けました。ある意味では この庭葬礼が 現代の告別式の原型とも言えます。

葬列は 故人様のご遺族と関係者が それぞれの役割をになって列を組み ご遺体をお寺に移送しました。

寺内葬礼は お寺の本堂内でお経をあげて頂く最後の葬礼です。この祭礼の後に 埋葬 或いは火葬と成りました。

 今では 内葬礼と寺内葬礼がどちらか一つに収束し、庭葬礼と葬列が告別式へと変化致しました。告別用の装飾壇は お柩を運ぶ輿を原型として居り、装飾壇の前に 寺内葬礼で使用する前机を置いて、現在の宮型祭壇となりました。花祭壇は宮型の装飾壇を置き換えた祭壇となります。

 出棺前の儀礼としては 茶碗割り や 釘打ちが有ります。茶碗割りは 故人様が愛用していた茶碗を割る儀式で 故人様の死霊が戻らぬように と言う意味と、故人様はもう戻らないとご遺族が自覚する 意味を持ちます。釘打ちは 石で柩の蓋に釘を打ち止める 事で、石には死霊を封じ込める力があると信じられて居りました。又 釘のない平安時代などでは 柩を荒縄で巻いていたようです。

   今回は以上です。