横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

葬儀の習俗その2

2015年4月16日

 今回も葬儀の習俗に付いて書かせて頂きました。

 日本に於ける 葬儀の習俗の中で 死装束、喪服、お清めの席、拾骨についてです。

 死装束は 埋葬 或いは火葬をされる前に 故人様にお着せする衣服を指しますが、仏教では 仏弟子と成られた故人様が 修行を行う為の修行着であると共に、西方の極楽浄土へ旅する為の旅行服でもあります。従いまして 修行僧の旅姿を模した形となります。そして 着衣の色は白を基本と致します。

 日本に於ける喪服は元来は白でした。古くは 葬儀にあたり ご遺族は白を着用し、一般の参列者は然るべき晴れ着を着用して居りました。今日の様に仏事用に黒礼服を着用する習慣は 西欧列強にごする為 明治政府が推進した 欧化政策に中で 明治30年 皇室の葬儀の際 参列者に黒の礼服を着用させた事が始まりと成りました。

 仏事の中では 通夜の後の お清めの席、葬儀の後の 出立の膳、仏事の後の お斎の席 等 食事をする機会が多く有ります。これは 参列者への感謝や、故人様を偲んでの食い別れ、と共に 飲食には穢れを清める力があるとされ 参列者に死穢が伝染しない為のものでも有りました。昔は 柩を担いだ人、墓穴を掘った人、湯灌をした人には 死の穢れに染まらぬ様 食事を沢山させ、お酒を沢山飲ませたとあります。

 ご火葬の後 故人様の焼骨を拾い 骨壺の納めることを 拾骨(収骨) 或いは骨上げと言われますが、焼骨を上げる際には 二人一組で箸を使い骨をはさみます。従いまして ”箸渡し(はしわたし)” と言われますが、これは 三途の川の橋渡し に絡めて 橋を箸に絡めたものです。又 地域によっては 男女が対になり 箸を一本ずつ持って骨上げを行う場合も御座います。

   今回は以上です。