横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

真言宗とは

2019年3月22日

 今回は真言宗に付いて書かせて頂きました。

 真言宗は 平安時代の9世紀初頭に空海(弘法大師)によって開かれた 日本の仏教の一宗派です。真言陀羅尼宗(しんごんだらにしゅう)、曼荼羅宗(まんだらしゅう)、秘密宗(ひみつしゅう)とも称します。空海は804年に唐(中国)に渡り、長安の青龍寺で恵果より真言密教を学んで、その秘法を伝授され 日本へ帰国後 高野山金剛峰寺と 嵯峨天皇より勅賜された 平安京の教王護国寺 八幡山東寺を修行場として真言宗を開きました。法身仏(絶対者)である大日如来をご本尊とし、その教義は即身成仏と密厳国土のもと 身(しん)、口(く)、意(い)という人の三っの働き(三密)において 手に印を結び、口に真言を唱えて、心を静めて三昧(さんまい)の境地にはいれば即身成仏できると説きます。

 空海は835年 62歳で高野山で入定しましたが 入定に際し 住持していた寺院を弟子達に付属しました。そして これらの寺院は年分度者(国家公認の僧侶の養成)を許可され、それぞれの寺院は独立性を持つ事と成ります。まずは 東寺と金剛峰寺の主導権争いが起き、東寺長者が金剛峰寺の座主を兼ねることで結着します。その後 金剛峰寺は落雷により伽藍・講堂を焼失し、無人の状態にまでなりますが、菅原道長が高野山参拝をした事により、皇族・摂家・公家などの支援を受け復興します。そして 又 派閥争いが起こり 古儀真言宗と 新義真言宗に分かれて行きます。

江戸時代に入り 1615年 徳川家康は 真言宗諸法度を出し 真言宗全体を幕府の管理下に置くと共に、その後の寺壇制度により、本山・末寺は財政的な安定を得る事となりました。但し 一部に綱紀のゆるみも生む事と成ります。

そして 明治政府の神仏分離と それに伴う廃仏棄却など困難な時代を乗り越え、昭和14年の宗教団体法成立に伴い宗派は統合され真言宗として一本化されました。戦後は分派独立が相次ぎ、現在は約50の宗派が有りますが、その内 主要な16派 18総大本山は 各山の連絡親睦・共通事業の主宰を目的として 真言宗各派総大本山会を設立して融合を図って居ります。

   今回は以上です。