横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道の葬儀 神葬祭Ⅱ

2019年3月22日

 今回は前回に続き神葬祭に付いて書かせて頂きました。

 神葬祭は 日本古来の宗教である神道の葬儀ですが、全国的に統一された式次第(祭式)が有る訳では有りません。神道は 日本古来の自然崇拝・祖先崇拝を基調として自然発生的に生まれた民俗信仰だからです。従いまして 地域によって、神社によって、更には斎主となる神職によっても 異なった祭式となります。とは言え 大きな混乱を招かぬ様、神社本庁では ”神葬祭の栞(しおり)” という小冊子を用意して 信徒の方のお手伝いをして居ります。

 前回は納棺前に行う事を書かせて頂きましたが、それ以降 神葬祭の最初の儀式であります 枕直しの儀 からご説明致します。

ご逝去されたご遺体には 白の小袖をお着せし 病室から殯室(ひんしつ ご遺体を安置する部屋)にお移しします。殯室では ご遺体は頭を北 若しくは 部屋の上位に向かって右に来るように 安置します。そして 白布で顔を覆い、枕元に枕屏風を立て、小案(小机)を備えて その上に守り刀を置き灯火を点けます。守り刀は柄を向こうにして 刃をご遺体に向けない様に置きます。ご遺体の前には 案(白木八足の机)を設けて 上に 故人様が生前好まれた常饌(じょうせん 日常の食べ物) や生饌(せいせん 洗米・塩・水)をお供えし、御家族やご親族は謹んで ご遺体の側近くでご奉仕します。

 次には 納棺の儀式 となります。ご遺体を棺にお納めする儀式ですが、まず ご遺体を湯灌などによりお清めして、神衣をお着せします。男性であれば 白の狩衣に烏帽子を被らせ、女性であれば白の小袿に扇を持たせて 柩にお納めします。お納めした後に 柩の蓋を閉め、白い布で柩を覆い、正寝(表座敷 神葬祭式場)に移動して、柩前を装飾し饌をお供えして 全員で拝礼します。尚 地域によりましては 柩の蓋をする前に 榊の葉に水を付けて口を湿らせる 末期の水 の行事を行う場合も御座います。

   今回は以上ですが、次回は通夜祭以降を書かせて頂きます。