横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

神道の葬儀 神葬祭Ⅲ

2019年3月22日

 今回も前回に引き続き 神葬祭に付いて書かせて頂きました。

 神葬祭は神道に於ける葬儀式ですが 前回までの枕直しの儀、納棺の儀 に続きまして 通夜祭、遷霊祭、蔡場祭、火葬祭、埋葬祭、帰家祭、直会、そして 御霊祭と執り行われます。又 神葬祭に於いて 仏式との相違は 戒名・法名に代わり 諡(おくりな)が贈られ、その諡は霊璽(れいじ 仏式の位牌)に記されます。更に線香は使わず 代りに玉串を使用します。玉串とは 榊などの木の枝に紙垂を付けたもので、この紙垂は 参拝者の真心を表わすものとされます。

 通夜祭は 故人様がご逝去された後 葬儀を行うまでの間 ご遺体に付添い生前同様の礼を尽くして手厚く奉仕する大切な儀式です。通常は遷霊祭の前夜に行うのが一般的で、仏式の通夜式にあたります。

 遷霊祭とは 故人様の霊を ご遺体から霊璽に遷し留める儀式で、御魂移しの儀が 主なる目的で、本来は夜間に灯火を消して執り行います。神職は祝詞を奏上し、ご遺族・参列者は玉串を奉って拝礼します。現代では昼間に執り行うのが普通と成りましたので、夜を象徴するように 部屋を暗くして執り行う事が一般的と成りました。

 蔡場祭は 遷霊祭の後 故人様との最後の別れを告げる儀式で 神葬祭最大の重儀です。弔辞の奉呈、弔電奉読、神職による祝詞奏上、玉串奉奠などが行われます。仏式の葬儀・告別式に当る儀式です。

 火葬祭は ご遺体を火葬に付す前に、火葬炉の前で行う儀式で、神職が祝詞を奏上し、ご遺族は玉串を奉って拝礼します。

 埋葬祭は ご遺骨を墓地の奥津城(神道のお墓)に納骨する儀式で、奥津城の四方に竹を立てて 注連縄で囲い、ご遺骨の埋葬、祭詞奏上、ご遺族の拝礼が行われます。神葬祭では火葬を終えたご遺骨は そのまま墓地へ移動して埋葬します。しかしながら 最近ではご遺骨をご自宅に持ち返り、五十日祭で埋葬されるケースも多くなりました。

 帰家蔡 と直会(なおらい)は ご火葬・ご埋葬を終えてご自宅に戻りましたら、神職のお祓いを受けて家の門戸に塩をまきます。その後 神棚と祖霊舎(仏式の仏壇)に葬儀が滞りなく終了したことを報告します。その後に 葬儀でお世話になった神職、世話役などの労をねぎらい、直会を開いてもてなします。直会の終了により 葬儀に関する儀式は全てを終えることとなります。

   今回は以上です。