横浜で葬儀、お葬式ならひかりの杜

ひかりの杜

ひかりの杜

0120-264-664

公衆電話・携帯電話
からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

公衆電話・携帯電話からもお問い合わせ頂けます

メールでのお問い合わせ

火葬儀プラン 家族葬プラン 一般葬プラン 葬儀後について お寺紹介 墓地・お墓紹介

24時間365日対応

24時間365日対応

・葬儀前の準備

・お通夜の流れ

・葬儀の流れ

・失敗しない葬儀社の選び方

・ごあいさつ

・火葬儀

・家族葬

・一般葬プランLight

・一般葬

・生活保護受給者様

・ペット葬

ご連絡先はこちら

QRコード

ご葬儀関連新着情報

・港北区 葬儀

・青葉区 葬儀

・鶴見区 葬儀

・港南区 葬儀

・戸塚区 葬儀

・神奈川区 葬儀

・旭区 葬儀

・都筑区 葬儀

・中区 葬儀

・南区 葬儀

・西区 葬儀

・保土ケ谷区 葬儀

・磯子区 葬儀

・金沢区 葬儀

・緑区 葬儀

・瀬谷区 葬儀

・泉区 葬儀

・栄区 葬儀

火葬儀プラン

家族葬プラン

一般葬プラン

天台宗の葬儀とは

2019年3月22日

 今回は 葬儀 天台宗に付いて書かせて頂きました。

 天台宗では 死は誰にでも訪れ、生者必滅、出会いの後には必ず別れがあり、これが この世の真実である。そして 残された者にとって ぽっかりと空いた穴は埋めがたく、その悲しみは 哀惜の情が深ければ深いほど大きいものでしょう。しかし 嘆いても死者が蘇えるものではありません。悲しみを乗り越えて送り出さなければならない。と説きます。

 天台宗の葬儀は 三種の儀礼によって営まれます。顕教法要の法華懺法(ほっけせんぽう 法華経を読誦する事で煩悩を薄くし減罪する作法)、例時作法(れいじさほう 阿弥陀経を読誦する事で極楽往生の指南とする作法)、そして 密教法要の光明供(こうみょうく 阿弥陀如来の来迎を得てその指導の下に故人を引導して仏となす作法)です。顕教とは仏法を理解しやすいように文字や言葉を用いて説くものであり、密教とは仏と自身が一体であることを念じ 仏の加護により仏の境地に達っしようとする秘法のことです。天台宗では顕密一致を説き、供養する遺族・縁者と 供養される故人が一体となり、仏の本性を開発し、共に仏道を成してゆくことが 天台宗の葬儀の本質であるとされます。 

枕経・通夜

 葬儀に先立ち通夜を行います。古くは臨終に当たり 臨終行儀と呼ばれる儀式が有りましたが、最近では稀と成りました。又 地域によっては 枕経をあげる場合があります。通夜は 近親の方々にとって故人との最後の交流の機会でもあり、又 死そのものを直視し考えるかけがえのない機会とも言えます。通夜の儀式は 新霊の浄土への引入を祈る事が中心となります。多くは阿弥陀如来のお迎えを頂戴するお経が唱えられます。(来仰仏)

   今回は以上です。次回は葬儀・告別式に付いて書かせて頂きます。